メニュー

糖尿病の血糖値を劇的に下げる水の飲み方5選

[2023.10.16]

はじめに

厚生労働省によると、日本における糖尿病とその予備軍の合計は2000万人とされており、増加の一途をたどっています。食生活の欧米化や高齢化の影響もあり、今後も増加し続けることが予想されています。
糖尿病の患者様は内服治療やインスリンの自己注射に加え、食事療法や運動療法に取り組まれていらっしゃいます。治療や合併症予防のためにこれらの治療は必須にはなりますが、負担に感じる方も少なからずいらっしゃる事と思います。
そこで本日は負担を感じることなく、日常の生活の中で簡単に取り入れることができる「血糖値を下げる水の飲み方5選」についてお話しさせていただきたいと思います。日々糖尿病の治療に取り組んでいらっしゃる患者様がストレスを感じず、少しでも楽しんで取り組んでいただければ幸いです。

血糖値を下げる水の飲み方
その① 十分な水分量

血糖値が高いということは、血管を流れる血液中の糖の濃度が高いということを指します。糖の濃度が高いと、血液の粘度が高くなってドロドロの状態になり、細小血管症(網膜症・腎症・神経障害)や大血管症(冠動脈疾患・脳血管障害・末梢動脈疾患)などの合併症を引き起こす原因となってしまいます。

このドロドロの血液を薄めるためには十分な水分量が必要になります。血液の半分以上は水分でできていますので、水分を十分に摂ることで必然的に糖の濃度が下がる(薄まる)ことに繋がります。
そこで、水分は1日1.5ℓ以上摂るようにするのが理想です。夏の暑い時期だったら2ℓ以上摂っていただいても構いません。水分をこまめに摂り、血液中の糖の濃度を上げないようにすることが大切です。

血糖値を下げる水の飲み方
その② 加糖飲料を摂らない

水分を摂る際には糖分の入ったものは極力避けるようにしましょう。甘い飲み物の中にはダイレクトに血糖値の上昇に繋がる糖分が多く含まれています。
例えばアクエリアスには角砂糖5個分、コーラには角砂糖15個分、微糖のコーヒーなどでも角砂糖1個分が含まれています。

また、糖尿病の方でなくても、甘い飲み物を摂取し続けると血糖値が上がります。高血糖の状態になると喉が渇きますので、さらに甘い飲み物を欲してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。その結果、急激に血糖値が上昇してしまう急性糖尿病の状態となり、重症化すると意識障害を起こします。これを「ソフトドリンクケトアシドーシス」といい、暑い夏の季節には特に注意が必要です。
普段口にするものは水、お茶、麦茶など糖分の入っていないものにし、甘い飲み物はたまのご褒美くらいにするといいですね。この習慣を続けていくと体も自然とそれに慣れてきて、甘い飲み物をあまり欲しなくなったという方がほとんどです。

清涼飲料水の飲み過ぎは肥満にも繋がります。

当院では理事長の伊勢呂も実践して➖9kgの成果を上げている GLP1ダイエットをお勧めしております。詳しくはこちらから。

血糖値を下げる水の飲み方
その③ 食事前のレモン水

レモンにはすっぱさのもと、クエン酸が含まれています。京都私立大学によると、「レモンに含まれているクエン酸には食中、食後の血糖値を抑える作用や食欲を抑える作用がある」と発表しています。
食事の10~15分前にレモン水(コップ1杯の水にレモン半分を絞る)を飲むことで、ある程度空腹感を抑えることができるため、暴飲暴食を防ぐことができ、さらに食中、食後の血糖値の上昇も抑えることができます。また、レモン水は食事の味を邪魔することもないので、取り入れやすいという利点もあります。
加えて、レモンの中にはビタミンCやポリフェノールが含まれていますので、老化の原因ともいわれる活性酸素を取り除く抗酸化作用も期待できます。

血糖値を下げる水の飲み方
その④ 常温の水を飲む

1日1.5ℓ~2ℓの水分摂取の際は冷たい水ではなく、常温の水を飲むようにしましょう。体温に近い常温の水を摂取すると体に浸透しやすく、胃や腸の働きが良くなることで消化も良くなり、血糖値の上昇が穏やかになります。また、代謝も良くなり、食べたものが消費されやすくなるという利点もあります。
一方で、冷たい水は体を冷やす原因にも繋がり、代謝が悪くなってしまいますので、普段摂取する水分としては適していません。運動の後、急激に熱くなった体を冷やしたい時や、気分をスッキリさせたい時などには冷たい水が適していますので、その場に応じた適切な温度の水を摂取するようにしましょう。

血糖値を下げる水の飲み方
その⑤ 食事中も水分を摂取する

食事中にあまり水分を摂取しない方もいらっしゃいますが、食事中にもこまめに常温の水やレモン水を飲むことが消化を助け、血糖値を上げすぎないことに繋がります。そのため、食事中だけではなく、おやつの時間にも心がけていただくと更に効果的です。

プラスのメリット

今回紹介した水の飲み方は血糖値の上昇を防ぐだけではなく、その他のさまざまな効果(便秘解消、デトックス効果、美肌効果、むくみ解消、ダイエット効果など)も期待できます。

まとめ

今回紹介させていただいた「血糖値を下げる水の飲み方5選」は糖尿病の方だけではなく、全ての方に取り組んでいただきたい習慣です。簡単にできることにもかかわらず、血糖値を下げることができるというデータも出ていますので、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

この記事を執筆した人
伊勢呂哲也
伊勢呂哲也

日本泌尿器科学会認定・泌尿器科専門医
名古屋大学出身
年間30000人以上の泌尿器科と消化器科の外来診察を行う
YouTubeでわかりやすい病気の解説も行なっている。

HOME

ブログカレンダー

2024年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME